気が付かない小さなちから

今回は私達全員に働いている重要な「ちから」について考えて見ました。

それは当たり前すぎて気が付かない方が多いと思います。

そのちからで「まさか」と思う方もいると思います。


秋田県のお祭りで竿灯があります。垂直になるまでは何人かの手を借りるようですが、

立ってしまえば1人で様々な技をやっていますね。

私も真似をして小学生の頃にはほうきでやってました。

住宅関係者に聞いた話では条件を満たせば割り箸で60kg位まで支えられるそうです。

(この場合の条件は水平直角であること)


人体の骨格も同じように思うのです。

足、脚、骨盤、脊柱、頭蓋骨が垂直に近ければ身体は軽く感じます。

しかし土踏まずが崩れると膝が前方へ出ます。

骨盤は後方へ下り、脊柱は猫背のようになり、顎が前に出てきます。

このような姿勢をしている人はとても多く見受けられますね。

この姿勢に先に書いた「ちから」が働くとどうなるでしょうか。

足首、膝関節、仙腸関節、脊柱、などでそのちからを支えるようになります。

それが24時間かかり続けるのです。

もうお分かりですよね~

その「ちから」。そうです重力です。

一度歪んだところに重力は働き続けるんです。

その影響で次々と骨格が歪み不快や不具合が増していくのです。